雨男が行く鉄道旅

~旅に出る日はいつも雨模様~

もしもの時に役立つ「迂回ルート」~上越新幹線編~

 

こんにちは!雨男です!

 

突然ですが、以前に紹介した

「北陸新幹線 迂回ルート」の閲覧数が

想像以上に伸びました(^^)

 

もしかしたら、このようなブログが

旅行者に需要があるのかと思ったので

もしもの迂回方法をいろいろ紹介します!

 

今回紹介するのは

もしもの時に役に立つ迂回ルート

「上越新幹線編」です!

 

もしも突然、上越新幹線が不通となり

新潟県から脱出できなくなったら??

 

「もう今日は帰れないかもしれない」と、

諦めてしまうかもしれません。

 

ですが、「上越新幹線」の迂回ルートは

上手くハマれば「新潟→東京」を

乗換1回で移動することが可能です(^^)

 

鉄道を知らない方でも

オススメの裏ルートなのでぜひ!

 

 

*鉄道での迂回ルートです。

高速バスでのルートは紹介できません。

 

 

もしもの時に役に立つ!

~上越新幹線 迂回ルート~

 

 

●「新潟・燕三条・長岡→東京方面」

 

もし長岡駅や燕三条駅、新潟駅から

新幹線で東京方面に帰れなくなった場合、

 

JR在来線特急「しらゆき」

「北陸新幹線」を利用しましょう!!

 

迂回ルートは簡単です!

 

新潟駅・東三条駅・長岡駅の各駅で

「新潟駅~上越妙高駅」を結ぶ

特急「しらゆき」に乗車します!

 

特急が停車する「新潟駅、長岡駅」では

JR在来線ホームより乗車できます!

 

「燕三条駅」に関しては

弥彦線「東三条行」に乗車した後、

「東三条駅」で特急に乗車できます!

 

各駅で特急「しらゆき」に乗車後は

「上越妙高駅」まで進み、

北陸新幹線で東京方面へ帰宅できます!

 

ルートをまとめると

 

在来線特急 しらゆき

「新潟・東三条・長岡→上越妙高」

 

北陸新幹線 はくたか

「上越妙高→東京方面」

 

運賃13010円(指定席)

所要時間 約4時間半

乗換回数1回

 

以上のルートで迂回可能です!

 

●「浦佐・越後湯沢→東京方面」

 

「浦佐駅・越後湯沢駅」で

上越新幹線に乗れなくなった場合、

少し絶望的ですが、何とか帰れます!

 

迂回ルートは

「2パターン」あります!

 

まず1つ目は「水上ルート」

 

運良く、本数の少ない

上越線「水上行」に乗れた場合は

在来線を乗り継いで「高崎」を目指します

 

高崎駅からは在来線で東京方面、

快適と速さを求めるなら「北陸新幹線」

以上のルートで東京方面へ行けます!

 

ルートをまとめると

 

上越線 普通

「浦佐・越後湯沢→水上」

 

上越線 普通

「水上→新前橋・高崎」

 

在来線 又は北陸新幹線

「高崎→東京方面」

 

運賃4000~7000円

所要時間 約4~6時間

乗換回数2~3回

 

続いて2つ目は「直江津ルート」

 

上越線「水上行」に乗れない場合は

北越急行「ほくほく線」を利用して

「直江津」を目指します!

 

浦佐駅から移動の場合

上越線 普通「浦佐→六日町」

ほくほく線 「六日町→直江津」

 

越後湯沢から移動の場合

ほくほく線「越後湯沢→直江津」

 

直江津駅から先は

妙高はねうまライン「直江津→上越妙高」

北陸新幹線「上越妙高→東京方面」

 

運賃 11000~12000円

所要時間4~5時間(最短時間)

乗換回数2~3回

 

以上のルートで

東京方面へ帰ることができます!

 

「浦佐駅」に関しては場合によっては

上越線で「長岡駅」に出た後、

信越本線で直江津駅に行く方が早いです!

 

直江津駅より先は上越妙高へ行き、

北陸新幹線で東京方面に向かいましょう!

 

●「上毛高原(群馬県)→東京方面」

 

「上毛高原駅」で動けなくなった場合は

乗換できる在来線もありません。

ほとんどの人はその場で絶望するでしょう

 

しかし、

実は意外と何とかなります!

 

上毛高原駅から利根川を挟んだ対岸には

上越線「後閑駅」があります。

 

上毛高原駅から関越交通バスに乗って

対岸の「後閑駅」までは約10分です!

 

上越線「後閑駅」から先は

在来線で「高崎方面」に行きましょう!

 

高崎駅より先は

在来線又は北陸新幹線が利用できます!

 

ルートをまとめると、

 

関越バス「上毛高原駅→後閑駅」

上越線「後閑駅→新前橋・高崎」

在来線又は北陸新幹線「高崎→東京方面」

 

運賃2800~5400円

所要時間3~4時間

乗換回数2回

 

以上のルートで東京方面へ行けます!

 

 

●「長野~東京」

 

在来線特急「しなの」(長野~松本)

在来線特急「あずさ」(松本~新宿)

 

この2つを乗り継ぐことで

在来線での移動がスムーズです!

 

 

いかがでしょうか?

新幹線が止まっても意外と何とかなりそう

だと思いませんか??

 

今回紹介したのはあくまでも、

上越新幹線が1日中動かなくなった場合を

想定した迂回ルートです!

 

ちょっとした事なら

駅から動かずに待機した方が良いので、

 

もしもの際は、

鉄道運行情報をしっかり確認した上で、

駅員さんに移動手段を確認しましょう(^^)

 

今回も読んでくださり

ありがとうございました!

 

東北新幹線や東海道新幹線の裏ルートも

今後紹介できたらなと思いますので、

気になる方はまた見にきてくださいね!

 

また次回もお楽しみに!