雨男が行く鉄道旅

~旅に出る日はいつも雨模様~

鉄道旅に出かけよう!~長野県 飯田線「岡谷~飯田」~

 

田園風景を眺める鉄道旅

「諏訪湖」から流れる天竜川と共に

伊那路の町並みを旅しよう!

 

こんにちは!雨男です!

今回は長野県「岡谷駅」から

飯田線に乗って「飯田駅」へ行きます!

 

岡谷駅(JR東日本)

普通「豊橋行」( 313系)

 

それでは今回もブログで

楽しい鉄道旅へ出かけましょう!

良ければ見てくださいね(^^)

 

飯田線の鉄道旅へ出かけよう!

 

岡谷駅を出発した列車は中央線を離れ、

「辰野支線」を経由してJR飯田線の

起点となる辰野駅へ向かいます!

 

かつての一大ターミナル「辰野駅」

一昔前は特急「あずさ」の停車駅でした

 

●辰野支線 (旧中央線)

 

今は昔、中央線は山を越えるために

「辰野駅」を経由する遠回りルートで

塩尻駅へと繋がっていました。

 

しかし、現在の新線が開通したことで、

辰野駅を経由する必要が無くなり

今では「辰野支線」と呼ばれています。

 

また、辰野駅はJR東日本とJR東海の

「境界駅」でもあります。

 

この駅を境にJR東海「飯田線」となり、

列車は伊那路を天竜川と共に進みます!

 

それではここから

JR飯田線「辰野~飯田」間の

見どころをいくつか紹介します!

 

●JR日本最大勾配「40‰」

 

鉄道が好きな人だけが知っている

飯田線の「JR路線日本1位」

 

途中、「沢渡~赤木」間には

現在のJR路線で日本最大勾配となる

「40‰」の急坂があります。

 

この急勾配がJRの日本最大勾配です

写真だと分かりにくいですが、

実際に見るとけっこうな坂道です!

 

かつては信越本線「横川~軽井沢」間に

碓氷峠を越えるため「66.7‰」という

とんでもない急勾配がありました。

 

しかし、長野新幹線開通により

碓氷峠が廃線となった今では、

飯田線のこの場所がJR最大勾配です

 

●飯田線名物「Ωカーブ」

 

鉄道好きしか知らない「飯田線名物」

その名も「Ωカーブ」です!

 

例えばこの写真!

実は工場のような白い建物の裏に

先ほど通った線路があります!

 

カーブの多い飯田線の中で、

「伊那福岡~伊那八幡」の区間にある

まるで「Ω」の形のような急曲線

 

その名も

「Ωカーブ」が列車を待ち構えています!

 

車輪が強く軋むような急カーブが始まり

先ほど通った線路が

車窓正面に見えるようになります!

この全国でも珍しい急カーブは

「Ωカーブ」として親しまれています!

 

ちなみ飯田線の要所である飯田市は

市街地が「Ωカーブ」に囲まれています!

 

特に「桜町駅」と「鼎駅」は市街地の

反対側にあって、線路よりも直線距離

の方が近い位置にあります。

 

これを上手く利用すると、、、

 

たとえ電車に乗り遅れても反対側の駅へ

全力で走れば、乗り遅れた電車に

追い付く事ができるそうですよ!

 

興味があれば

ぜひトライしてみてはどうでしょうか(^^)

 

 

それではここからは、

今回乗車した中で撮影した

「飯田線らしい車窓風景」を紹介します

 

「南アルプス」「木曽山脈」に囲まれた

飯田線「辰野~飯田」までの田園風景と

町並みをお楽しみください!

 

●「飯田線」車窓風景

 

進行方向「左側」の車窓からは

「南アルプス」の山々を楽しめます!

右側の車窓からは

「木曽山脈」の山々を楽しめますよ!

飯田線「収穫の秋」

 

途中駅での長時間停車中は

もちろん列車の撮影を楽しみましょう!

 

飯田線「宮田駅」にて列車撮影

JR東海「313系」

 

いかがでしょうか?

飯田線「辰野駅~飯田駅」までは

このような車窓を楽しむことができます

 

飯田駅

 

乗車時間はかなり長いですが、

「鉄道で旅をしてるんだな」という実感

を存分に味わうことができますよ(^^)

 

また、JR飯田線では

「桜(さくら)町駅」「鼎(かなえ)駅」

ちなんだ記念切符を購入できます!

飯田線に乗車された際はぜひ、

旅の思い出に購入しましょう!

 

今回の旅はいかがでしたか?

 

ちなみに飯田線「飯田~豊橋」間は

良い写真を撮影できなかったので、

こちらはまたの機会になります(^o^;)

 

そして前回紹介した「天竜峡駅」は

この飯田駅から約30分程です!

 

良ければこれを機に

「そらさんぽ天龍峡」のブログも

ぜひ見てくださいね!

 

それでは今回の旅はこれにて終了です!

 

仕事が少し落ち着いたので

更新頻度をできれば増やしたいなと

個人的に考えています。

 

たくさんの「旅ストック」があるので

また見に来てください(^^)

今回もありがとうございました!

 

 

●お得な乗り鉄情報

 

ここでお得な乗り鉄情報を1つ。

 

早朝6時12分に駒ヶ根駅を発車する

普通「天竜峡」行き(午前8時11分着)は、

特急車両を使用した「乗り得列車」です

 

飯田線「駒ヶ根駅」

JR東海 特急車両「373系」

もちろん座席料金は必要ないので、

「青春18きっぷ」等の乗り放題切符や

乗車券だけでの乗車が可能です!

 

かなりの早起きになりますが、

駒ヶ根駅から天竜峡駅まで

一番楽に行くならこの列車ですよ!