雨男が行く鉄道旅

旅に出る日はいつも雨模様

鉄道旅に出かけよう!~「大阪→京都」17時間の鉄道旅~

 

大阪駅から始まる本気の鉄道旅。

京都まで「約17時間」の

「鉄分」多めの鉄道旅に出かけませんか?

 

こんにちは!雨男です!

今回は特急列車を贅沢に使用した

「ぶっ飛んだ鉄道旅」をしてきました!

 

今回移動する区間は

「大阪駅→京都駅」

 

通常であれば「大阪→京都」は

新快速に乗ると約30分で到着しますが、

 

今回は特急列車を乗り継ぎながら、

「約17時間」の鉄道旅になりました!

 

 

それでは、さっそく

今回の鉄道旅の記録をご覧ください!

 

 

鉄道旅に出かけよう!

~「大阪→京都」17時間の鉄道旅~

 

 

大阪駅0時33分→東京駅7時08分
特急「サンライズ瀬戸・出雲」東京行

 

旅の始まりは、

寝台特急「サンライズ号」です!

日付が替わった0時30分頃、

寝台特急「サンライズ号」は大阪駅に

ゆっくりと入線します。

大阪駅を出発すると、

次の停車駅は「静岡駅(4時38分着)」

京都駅には停まりません。

 

「京都駅」を車窓から眺めつつ、

夜を徹してまずは東京駅を目指します!

 

それでは、ここで

寝台特急「サンライズ号」の車内を

少しだけ紹介します!

 

寝台個室車両

各種、寝台個室は

乗車券と特急券の他に「寝台料金」

必要になります。

 

値段は少し高めですが、

寝台列車での旅を快適に過ごすなら

「寝台個室」がオススメです!

 

ノビノビ座席

 

上段(C席・D席)

下段(A・B席)

こちらの「ノビノビ座席」は

簡易タイプの寝台になりますが、

「特急券」のみで乗車可能です!

気になる特急料金は

「大阪駅→東京駅」まで3290円、

乗車券と合わせると12120円

 

寝心地は決して良いとは言えませんが、

 

新幹線よりもお値段が安いので、

鉄道で少しでも安く旅をしたい方には

かなりオススメの座席です(^^)

 

ちなみに、個人的には下段(A・B席)の方が

スペースが少し広くて寝やすいですよ!

 

ミニラウンジ

ソロ寝台やノビノビ座席では

食事スペースがありません。

 

このラウンジは車内で食事ができる

貴重な場所となっています!

 

シャワー室

「サンライズ号」には

「シャワー室」が設けられています。

 

ラウンジスペース近くにある

「シャワーカード販売機」でカードを購入

するとシャワー室が利用できますよ!

*販売は数量限定です!

 

以上が寝台特急「サンライズ号」の

簡単な車内紹介になります。

 

熱海駅(5時43分着)

横浜駅(6時45分着)

 

大阪駅を出発してから約6時間半、

終点の東京駅には

朝の7時08分に到着します!

 

終点 東京駅(7時08分着)

 

それでは、折り返し地点の東京駅から

10時間かけて「京都」へ戻りましょう!

 

東京駅→新宿駅
中央線「快速」

 

東京駅 中央線ホーム

 

新宿駅(8時00分)→南小谷駅(11時59分)
特急あずさ5号「南小谷行」
 

新宿駅からは「1日1本」だけの運用、

松本駅より先の大糸線「南小谷」まで行く

特急「あずさ5号」に乗ります!

 

特急あずさ(E353系)

車内

 

特急「あずさ」車窓風景

 

車窓に広がる甲府盆地

天気が良ければ富士山も見えます!

南アルプスの山々

八ヶ岳

松本駅(10時37分着)

北アルプスの山々

木崎湖

青木湖

新宿駅を出発して約4時間、

終点の「南小谷駅」に到着します!

小さな田舎駅に停車する

特急「あずさ」の圧倒的な存在感!

ぜひ見てほしい光景です(^^)

 

南小谷(12時07分)→糸魚川(13時06分)
大糸線「普通 糸魚川行」
 

この「南小谷駅」を境に

JR東日本からJR西日本になります!

JR西日本の大糸線は非電化区間となり、

列車の運行本数もほとんどありません。

 

しかしながら、沿線の見所である

「姫川」を車窓から眺めながら、

のんびりとした鉄道旅も良いものですよ!

 

姫川

 

南小谷駅から糸魚川駅までは約1時間

列車は姫川に沿って、険しい山間部を

縫うように走ります。

 

前面展望より

 

山間部を抜けると、そこは日本海側。

列車は間もなく糸魚川駅に到着します。

 

糸魚川駅

大糸線「キハ120系」

大糸線 路線案内

 

糸魚川駅(13時27分)→金沢駅(14時17分)
北陸新幹線「はくたか561号」金沢行

 

糸魚川駅から先は京都まで一本道!

この鉄道旅もエンディングに入ります(^^)

 

北陸新幹線 糸魚川駅ホーム

 

北陸新幹線のオススメ車窓といえば、

やはり「立山連峰」です!

「糸魚川~富山」の車窓から見える

「立山連峰」の雄大な景色は

まさに北陸の玄関口とも言えます!

 

特に冠雪した「立山連峰」は、

何度見ても飽きない、綺麗な光景ですよ!

 

立山連峰

 

富山駅を過ぎると金沢駅までは、

あっという間に到着します!

 

金沢駅

 

金沢駅(14時57分)→京都駅(17時07分)
特急「サンダーバード30号」

 

鉄道旅、最後の列車です!

特急「サンダーバード」に乗って

旅の終着点「京都」を目指します!

 

特急サンダーバード(683系)

ちなみに、

金沢駅でこの列車が見られるのも

残り「3ヶ月」です!

 

「しらさぎ」「サンダーバード」で

金沢へ行くなら今のうちに!

 

延伸開業を控えた北陸新幹線

 

夜中0時過ぎから始まった

「過酷で楽しい鉄道旅」

 

ここまで約14時間が経過しまたが、

和倉温泉駅を過ぎたあたりで

私の睡魔が限界をむかえました💧

 

 

目を覚ますと、

滋賀県の入口「近江塩津駅」を過ぎて

琵琶湖が見えてくるところ。

 

出発してから約16時間ぶりに

関西へ戻ってきました!

琵琶湖

琵琶湖をうとうと眺めながら

車内で「北陸ロマン」が流れると

いよいよ京都駅へ到着です。

贅沢な旅はこれにて終了です!

今回の鉄道旅もお疲れ様でした!!

 

 

いかがでしたか?

今回は約17時間分の「鉄分」が詰まった

ブログになりました(^^)

 

ちなみに今回の鉄道旅、

乗車券だけだと、お値段「14930円」

*「京都ー山科」の区間だけ重複するので

切符が二枚あります!

 

特急券と合わせると

合計「24780円」の旅でした!

 

サンライズ号の特急料金「3290円」を

宿泊代と考えるとほぼ「2万円」です(^^)

 

なかなかの、

お手頃価格ではないでしょうか!?笑

 

 

今回は久しぶりに

「過酷な鉄道旅ブログ」となり

かなり長くなりました(^o^;)

 

鉄分満足パック「2万円」の鉄道旅

気になる方はこの旅をしてみては??

オススメですよ(^^)

 

それでは今回はここまで!

読んでくださった読者の皆さん、

ありがとうございました(^^)

 

また次回の旅もお楽しみに!!